忍者ブログ
47288194676
80 80 80 80
80 80 80 80
[355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346]  [345

『鉄は熱いうちに打て!』ワタクシのトニセン熱が冷めないうちに、レポを仕上げるぞ!!

では、続きだぜ~~~~!!!

 

長  「それで、どうなっても知らんぞって言われたんですよ。いや、もうトータスさんしか
    居ないんです、と。もう、僕ら、ほんとに他の人、なんにも考えてなかったんで、
    そこで断られると また打ち合わせからだったんです。」

坂  「そーなんです。」

てつや「また、もう、振り出しに戻っちゃうみたいな。うあっはっはっは!!」

長  「そうなんです。」

てつや「そーなんですね~!え、じゃあトータスさん交えた話したときっていうのは、普段から
    考えてることとかそういうことをいろいろコミュニケーションとったワケですか?」

長  「ほんとにそうですね。ま、考えてることだったんですけど、とにかく僕らのことを
    知ってもらおうっていうことになりまして、デビュー前のことをずっと三人のことを
    話してたんですけども、八割以上が坂本君の昔話。」

てつや「うあっはっはっはっは!!坂本さん、昔話、たくさんあるんですね。」

坂  「何か、あるらしいですねー。」

てつや「えひぇっひぇっひぇっ!」

坂  「僕はすっかり忘れてますけどね。」

てつや「他の二人が覚えてることがたくさんあると。」

坂  「ええ。ここでは言えないですけどね~!」

長  「ありましたね~。そしたら、坂本君、おもろいな~ってトータスさんが。」

てつや「それは曲を創る上で大きなインスピレーションになったかもしれないですよね。」

長  「そうですね。もう、その帰りには、曲がもう、浮かんでたっておっしゃってましたね」

てつや「ああ~!ほんとですか。」

坂・長「はい。」

てつや「曲、詞とそしてメロディを初めて聴いたとき、長野さん、いかがでした?」

長  「いや、これほんとにあの、ギター一本でトータスさんが歌われてたデモテープが
    来たんですけども、ほんとにこう、ストライクにきて、もうそこからは この曲を
    どうアレンジできたらいいかなっていう話し合いになりましたね。」

てつや「なんかほんとにこう、心の中に必ずあるんだけど、なんかこう、気付かないように
    していることというか、なんか不感症になっている部分とか、なんかそういうのを
    ほんとに、坂本さん、思い起こさせてくれるような・・・。」

坂  「でも、ほんとにそうですね。別にやれ!やれ!じゃなくて、ただ頑張れ!じゃなくて、
    必ずあるんだよ、みんな持ってるんだよ、それを気付こうよっていうことなんですよね」

てつや「はい。ほんとにじゃあ、三人の伝えたいメッセージが、結果、トータスさんの作詞に
    よってね、伝わるモノになったと。え~、3月にこの20th Centuryのおれじゃなきゃ
    きみじゃなきゃがリリースになってますんで、ぜひみなさん、まだ聴いたことがない
    というかたは聴いてみてください。」

坂  「はい。お願いします!」

てつや「んで。リリースラッシュでして、V6でも5月の28日ですね。ニューシングルの蝶が
    リリースになるんですが。これまた、曲調がおれじゃなきゃきみじゃなきゃと、また
    全然違う感じですよね、長野さん。」

長  「全然違いますね~、これね~!もうなんか大人の雰囲気もありまして、そんでラテン系の
    ちょっとスパニッシュ系の踊れる曲になっておりますね。」

てつや「これは~、なんかこう~、ライブでやっぱりね、ダンスパフォーマンスと一緒に聴きたい
    曲かなっていう、坂本さん、感じがしますが。」

坂  「そうですね、あの、曲調もそうですけど、ほんとに目で楽しんでもらえる一曲になって
    ると思います、これは。」

てつや「うんうん。はい!」

坂  「かなり踊ってます、ほんと久々なんですよね、踊るV6をみせるのは。」

てつや「はあ~!なるほどなるほど!」

坂  「ええ。結構それまでは なんか ゆったりした曲だったり、まあ、バラードだったり
    してたので。久々に踊る6人をお見せできるので僕達もちょっと楽しみですね。」

てつや「なるほど!じゃ、ぜひちょっとライブでの披露も楽しみにしていただきたいと思い
    ます。V6が5月の28日、ニューシングルの蝶がリリースになります。
    もうちょっとですね、リリースまで。楽しみに待っていてください。
    え~、ということで。これからもいろんな活動があるとおもいますけれども。
    あの~、実は長野さんがですね、6月の2日、本が出るんですね。」

長  「そうです。」

てつや「はい!え~、携帯サイトで毎週土曜日更新している、まあ、まさにグルメマスターという
    ことで。え~、車でグルメ、これが書籍化されて、来る日もグルメになると。」

長  「はい、そうなんですよね。ええ。」

てつや「これはもう、あれですか?グルメ情報が満載ですか?長野さんの。」

長  「あの~、エッセイ・・・、エッセイですね。僕がほんとに先ほど言ってたように、あの、
    札幌に食べに来たとか、そういうようないろんな今までの食べ歩いてたエピソード・・・」

てつや「ほぉ~ん!北海道のお店なんかも出て・・・そうです?」

長  「北海道の、あの~、食べに来た話も たしかあったと思います。」

てつや「あ、ほんとですか。じゃあ、ちょっとこれ、6月の2日リリースになりますんで、え~、
    来る日もグルメ、ぜひこちらもチェックしていただきたいと思います。」

長  「お願いしまーす!」

てつや「坂本さんの昔話の暴露本は来年あたりということで・・・?」

坂  「そ~うですね、多分、2巻にわかれると思います。」

てつや「うあっはっはっはっは!!」

坂  「長いんで。上・下巻いくと思います。」

てつや「そんなにいっぱい内容があった、みたいな!!一冊で語りきれない、ぐらいな!
    えっひぇっひぇ!すいませんでした。
    え~、ということで北海道来たときは また是非、遊びに来ていただきたいと
    思いますので。え~、よろしくお願いします。」

坂・長「はい。よろしくお願いします!」

てつや「じゃあ、最後にこの5月の28日リリースになるV6のニューシングルを紹介して頂いて
    お別れとなります。それではお願いいたしま~す!」

坂  「はい、えー、それでは聴いてください。V6のニューシングルです。『蝶』」

てつや「きょうは20th Centuryから坂本さん、そして長野さんに来ていただきました。
    どうもありがとうございました!!」

坂・長「ありがとうございました~!」

~曲~蝶~


以上、約20分間のご出演でございました。
言葉の聞き間違いなどがあるかもしれませ~ん!!

よっしゃ、次はテレビの続きをば・・・。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


calendar
02 2020/03 04
S M T W T F S
20
29 30 31
プロフィール
HN:
takutaku
性別:
非公開
趣味:
偏愛と妄想
Thank you !
[10/31 takutaku]
[10/26 なお。]
[09/23 takutaku]
[09/21 なお。]
[02/10 takutaku]
*
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]